主人公ビリー・ビーン

映画「マネーボール」の主人公ビリー・ビーンは実在の人物です。彼は元MLB選手であり、現在はオークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャーを務めています。卓越した球団運営で、メジャーリーグの名GMの1人に数えられています。日本でも映画や、マイケル・ルイスの著書で知られるようになりました。映画はビリーがどのようにしてアスレチックスを強豪チームへと育てたのかを事実に忠実に描いています。

プロフィール

MLB選手として

1962年3月29日生まれ。フロリダ州オーランドで生まれ、カリフォルニア州サンディエゴ近郊で育ちました。ランチョ・バーナード高等学校に入学し、高校時代から高い身体能力を持つ走・攻・守3拍子そろった超高校級選手としてスカウトの間では有名な選手でした。スタンフォード大学から奨学生として入学できる権利を得ていたのですが、1980年、ニューヨーク・メッツにドラフト1巡目指名で入団しました。同期入団には「黒いテッド・ウィリアムズ」という異名でも知られたダリル・ストロベリーがいました。将来を嘱望された選手だったのですが、短気な性格が災いしてプロの世界になじむことができず、メジャーに中々定着することが出来ませんでした。1984年から1989年にかけてメッツ、ミネソタ・ツインズ、デトロイト・タイガースを控え外野手として渡り歩き、最後にはアスレチックスに移籍し、1989年にわずか27歳で現役を引退しました。現役時代にはベンチ要因ではありましたが、1987年にツインズで、1989年にアスレチックスでワールドシリーズ優勝を経験しています。通算成績は148試合に出場して、打率.219、本塁打3本という記録でした。スカウトから太鼓判を押され、期待されていた自分がなぜ活躍できなかったのかという悔しさが、もっと正しく選手の能力を判断する術があるのではないかという思いを強くしたそうです。また、監督トニー・ラルーサ、一塁手マーク・マグワイア、外野手ホセ・カンセコなど錚々たるメンバーが揃い、黄金時代を迎えていた引退当時のアスレチックスのゼネラルマネージャー、サンディ・アルダーソンは後のビリー・ビーンに大きな影響を与えました。

スタッフに転身

1990年からは球団スタッフに転身しスカウトとして活動を始めます。1993年にはアルダーソンのアシスタントを務め、着実に地位を築いて行きました。1995年に前オーナーが死去したことにより、アスレチックスの財政状況は大きく変わります。それまでスター軍団だったアスレチックスは資金難に陥り、解体を余儀なくされたのです。このころ、アンダーソンはセイバーメトリクスの祖、ビル・ジェームズの著書「Baseball Abstract」シリーズ(「マネー・ボール」邦訳版では「野球抄」と訳されている作品。日本では未刊)を参考に出塁率・長打率を重視する旨を記した冊子を作り、マイナー選手に持論を説いて行きました。この冊子に書かれた理論がビーンの球団運営哲学の礎となったのです。1997年10月にはアルダーソンの後任としてゼネラルマネージャーに就任します。セイバーメトリクスを駆使し、無駄な要素を極力省き、低予算でチームを強くすることを実現しました。2003年には、前述の「マネー・ボール」が出版され、ビーンのチームマネジメントが米国だけでなく、日本でも話題となりました。2007年1月4日には、ソフトウェア会社NetSuiteの社外取締役に指名されました。ビーンは他にも、アメリカンフットボールのヘルメットを扱うRiddellやスポーツエンターテインメントのPROTRADEの取締役も務めています。2011年公開の映画「マネーボール」では、ビリーの役をブラッド・ピットが演じました。2012年には、GMの任期が延長され、2019年まで契約されることが決まっています。

ビリーの功績を描いた小説「マネー・ボール」

ビリーの知名度を一気に高めたのはマイケル・ルイス著の「マネー・ボール」でした。この小説は2003年に米国で出版され、翌年に日本でも出版されました。ビーンが1997年10月にGMに就任してから、2007年度シーズン終了時点までの10年間に積み上げた公式戦での勝利は、ヤンキースとレッドソックスに次ぐアメリカン・リーグ三位の901試合にのぼり、この間チームをプレーオフに5回導いています。セイバーメトリクスを球団運営の基幹とするマネー・ボール型のチームとみなされているものには、現在ではこのアスレチックスの他にもトロント・ブルージェイズ、ボストン・レッドソックス、クリーブランド・インディアンス、サンディエゴ・パドレス、ニューヨーク・ヤンキースなどがあり、これらのチームは「新思考派」とも呼ばれています。

ビリー・ビーンとはどんな人物なのか。

短気な性格

現役時代から短気な性格の持ち主として知られていました。何か失敗するとそれを一人で抱え込み、手当り次第に物に当り散らすということが少なくありませんでした。そのような自分に妥協ができない性格のため、プロ入り以降は伸び悩み、妻とも離婚してしまいました。GMになってからもその性格は変わらず、チームが負けている時など何かうまく行かないことがあったときは、ロッカールームなどで暴れ、物を投げて壁に穴をあけてしまったこともあったそうです。そのため、試合は極力じかに観戦しないようにしています。試合中は球場内のトレーニングルームで運動して汗を流したり、オフィスに篭ったり、球場の外に出かけることもあります。試合経過は常に携帯している小型末端に配信される文字情報で把握するのだそうです。

お金に関して

プロ入り時、契約金の高さに惑わされて大学に行かずにプロとなったことを後悔しており、その苦い経験から自分自身の身の振り方に関しては「金のために決断を下す」ということを恐れています。2002年に、ビリーはボストン・レッドソックスから5年契約1250万ドルという高額のオファーを受けました。ビリーはこのオファーを快諾し、メジャー最高年俸のGMとなるはずでした。しかし、数日後に契約を自ら破棄しました。その際、マスコミに「二度と金によって人生を左右されまいと心に決めたから」と理由を語っています。

Page Top