ジョナ・ヒル

映画「マネーボール」で、主人公ビリー・ビーンを支える右腕ピーター・ブランドを演じたジョナ・ヒルは、アメリカ合衆国の俳優です。その大きな体を活かして主にコメディ映画などで活躍している人物ですが、最近ではダイエットしてスリムな体になり、コメディだけでなくシリアスな演技も行うようになりました。また、俳優だけでなく脚本家としても活動しています。

プロフィール

1983年12月10日生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。本名は、ジョナ・ヒル・フェルドスタインです。コスチューム・デザイナー兼ファッション・スタイリストの母親と、コンサートツアー専門の税理士をする父親の元に生まれた、ユダヤ系アメリカ人です。両親は元々はニューヨーク出身でしたが、彼が生まれる前にロサンゼルスに引っ越しました。兄弟は兄・ジョーダンがおり、彼はマルーン5のマネージャーをしています。ジョナはサンタモニカにある高校を卒業した後、ニューヨークのニュースクール大学で演技を学び、「ブラック・アンド・ホワイト」というバーで次作の1人芝居を演じていたところ、友人の父であるダスティン・ホフマンにオーディションを受けるよう勧められました。そこで見事

合格し、2004年に「ハッカビーズ」で映画デビューを果たしました。その後、スティーヴ・カレルの出世作「40歳の童貞男」やアダム・サンドラー主演の「もしも昨日が選べたら」などのコメディ映画へ出演してキャリアを重ねて行きます。2007年には「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」や「スーパーバッド 童貞ウォーズ」などのヒット作に立て続けに出演しました。2011年の映画「マネー・ボール」ではブラッド・ピット演じるビリー・ビーンの若手の助手を演じ、その演技が評価され第84回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。また、2013年の映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」ではレオナルド・ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートの相棒を演じ、再びアカデミー助演男優賞にノミネートされています。しかし、いずれも受賞とはなりませんでした。近年では、コメディ映画以外でも前述の「マネーボール」やクエンティン・タランティーノ監督・脚本の「ジャンゴ 繋がれざる者」へ出演するなど、その演技の幅を広げています。また、もともと脚本家志望でもあったことで、現在は脚本家としても活動しています。そのうちの一つとしてチャニング・テイタムと共演した「21ジャンプストリート」で、主演のほかに共同脚本としてクレジットされています。

ダイエットの成功

映画「マネーボール」に出演しているころは、大きな体でお世辞にも健康的とは言えない体型をしていたジョナ・ヒルでしたが、ダイエットに成功し、現在はスリムな体型となっています。イベントに出演した際、どうやってダイエットしたのかと聞かれたジョナは、栄養士に相談をしたとコメントしました。「痩せる薬を飲んだとか、魔法使いが痩せさせてくれたとクレイジーなことを言いたいところだけど、主に食生活を変えただけなんだ。栄養士に相談をしたところ、そんなものを食べるべきか、食生活の考え方を教えてくれた。僕にとっては日本食が一番効果があったよ」と語っています。ジョナ本人はどれくらい減量したのかは明言していませんが、アメリカのダイエット・サイトなどでは「推定40ポンド(約18キロ)」と言われています。ジョナがダイエットにチャレンジした理由は、コメディ・キャラから抜け出し、シリアスな役を演じたいと思ったからだそうです。

主な出演作品

  • 2004年「ハッカビーズ」・・・ブレッド役
  • 2005年「40歳の童貞男」・・・eBayの顧客役
  • 2006年「もしも昨日が選べたら」・・・ベン・ニューマン役
  • 2006年「トラブル・カレッジ 大学をつくろう!」・・・シャーマン・シュレイダー
  • 2006年「素敵な人生のはじめ方」・・・パッキー役
  • 2007年「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」・・・ジョナ役
  • 2007年「エバン・オールマイティ」・・・ユージーン役
  • 2007年「スーパーバッド 童貞ウォーズ」・・・セス役
  • 2008年「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」・・・トミー役(声の出演)
  • 2008年「寝取られ男のラブ♂バカンス」・・・マシュー役
  • 2009年「ナイトミュージアム2」・・・ブランドン/ブラゥダン役
  • 2009年「素敵な人生の終り方」・・・レオ・ケーニッヒ役
  • 2009年「ウソから始まる恋と仕事の成功術」・・・フランク・フォーセット役
  • 2010年「僕の大切な人と、そのクソガキ」・・・サイラス役
  • 2010年「ヒックとドラゴン」・・・スノット(声の出演)
  • 2010年「伝説のロックスター再生計画!」・・・アーロン・グリーン役
  • 2010年「メガマインド」・・・ハル・スチュアート/タイタン役
  • 2011年「マネーボール」・・・ピーター・ブランド役(第84回アカデミー賞助演男優賞ノミネート)
  • 2011年「ピンチ・シッター」・・・ノア・グリフィス役(製作総指揮)
  • 2012年「21ジャンプストリート」・・・モートン・シュミット役(原案・脚本・製作総指揮)
  • 2012年「エイリアン バスターズ」・・・・フランクリン役
  • 2012年「ジャンゴ 繋がれざる者」・・・ランディ役
  • 2013年「ウルフ・オブ・ウォールストリート」・・・ドニー・アゾフ役(第86回アカデミー賞助演男優賞ノミネート)
  • 2013年「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」・・・本人役
  • 2014年「LEGO ムービー」・・・グリーンランタン(声の出演)
Page Top